ブログ

2019-12-13

チラシのタイトルネーミング

かなりどうでもいい話です。

 

会社のポストに入ってきたチラシの束を捨てなきゃと思って、ふと見たら、大きな文字で

 

お葬式勉強会

 

と書かれたチラシが目に止まったのです。

 

普段はチラシにいちいち目が止まるはずないのだけど、その日病院の予約せなかんなあとか考えてた時だったので、おいおい死神からの手紙かよと思いつつ、つまむ感じで抜き出して見てみると、葬儀屋さんのチラシだった。

 

このチラシのタイトルからすると自分の葬式のことなのか?家族向けなのか?という疑問からリード文を読んでしまった。

 

普通に考えるとターゲットを絞り込んだネーミングにするところをあえてフワッとさせて、中を読ませる作戦なのかなあ、すげぇなあとかおもいながら、いや待て、そもそも葬式の勉強会ってなんだよって、未知の世界でモンスターにボディブローをお見舞いされた感じでジワジワ効いてくる。

 

トレーナーがタオルを投げようとしている。朦朧とする意識の中でハテナマークが飛び交う。

勉強会って、輪になってやるやつだろ?

このタイトルはまさかの思いつき??

 

お葬式ご相談会っていう手もあったと思うけど、それだとターゲットが想定される範囲になるだろうから、勉強会にして、ターゲットを広げるかずらすかしたのだろうか?

 

マーケティングとか勉強したことないけど、最近の手法なんだろうか?

勉強会に参加してみたい、と言うのもちょっとあったけど、定員20名と決まってるから興味本位は失礼だなと尻込みした自分を考えると、50ぐらいならもうちょっと緩く行ってみようかなとかのノリの人も集められたかもしれない。

でもそれがこの葬儀屋さんにとってのニーズじゃなければ無意味だし、、、この最適化を誰かスゴイ人がコンサルしてるのか?

いや、デザインは普通というかイマイチだし、、、とか悶々としたまま、たかがチラシ一枚に結構勉強させてもらったのでした。

かしこ。

一覧へ…