ブログ

2019-12-17

言葉って難しい

 

 

 

今日はボヤキなので、なんの解決策も出てきません。

 

自分の1日のコミュニケーションツールを分類して頻度を割り振ると、だいたいこんな感じ。

対面 8%

チャット 80%

電話 10%

メール 2%

 

日本語という共通言語で会話しているにも関わらず、上手くいかないときがある。

 

そもそも通じる、通じている、といった感覚を無くさないといけないのかもしれない。

通じてない、というスタンスで会話に挑んだ方が自分のストレスは減るのかもしれない

 

メール、チャットなど電子的なものがなかった時代、どうやってたんだろう。
対面なら顔色、電話なら声色を言語認識の補完として使用していたのだろうか。

 

メール見たら、すげえ怒ってそうだったので、電話するとそうでもなかったり、チャットではそんなに怒ってそうではなかったのに、電話したらすげえ怒ってたとか。

効率よく仕事をしたいのは変わりないが、そういう感情とか無視してまで仕事をしたいとは思わない。

 

社内、社外と仕事のやりとりをしていて、これは自分の国語力、読解力がないのか、はたまた相手がとんでもなく会話能力が低いのか、と頭を抱えてしまうような面倒な場面に遭遇する時がある。

 

会話の流れを無視して、自分都合の話をする例を示してみる。

架空のやりとりだからご安心ください。

 

相手 〇〇を修正してPDFをください。

 

僕 修正指示ありがとうございます。いただいた修正指示の中で、〇〇ページの修正指示の画像がないので支給してください。

 

相手 XXページの追加修正が入りました。至急ご対応ください。

 

(僕 うーんと、画像くれ。話はその後だ。)

僕 申し訳ございませんが、先程お伝えした画像をご支給いただけないでしょうか?

追加修正についても承知致しました。

よろしくお願いします。

(紳士風に低いトーンを言葉に乗せて)

 

相手 何時ごろアップ出来ますか?

  画像は先方に問い合わせ中です。

 

(僕 うーん、うーん、うーん、、、どうしたいの?ねえ、画像ないけどいいの?)

僕 支給待ち画像は、どのようにしておけばいいでしょうか?

 空けたままでよいなら、一時間後にアップできます。

 

…一時間後…

(待っても返事来ないので)

 

僕 修正したPDFをアップしました。

 

相手 画像を添付しました。こちらに差し替えて再度アップをお願いします。

 

ほほう?、、、やっとれんすわ。。。もう。

 

やりとりって、パンパンパーンと会話しながら、ちゃっちゃかやっていくもんじゃないの?
よく分かんないやりとりに時間かけられるほど俺そんなに暇じゃないんだけど。ハァハァ…

 

冷静になろう。。。もっと質問してればよかったのか?

 

次やそのまた次を想定して、最も効率が良く、リスクが低い方針で導いてくれる人が現場にいないってのも本当に問題だと思う。

あんまりこっちから言うと、制作会社のくせに態度でけえな!って思われるとイヤだしな。。。

 

ということで、もうやりとり不要の自動化になっちまえ、と不貞寝することにする。

おやすみなさい。

 

一覧へ…