ブログ
2020-01-10

何がどうなっているか一目で確認「進捗管理」〜DOT3機能紹介〜

自動組版クラウドサービスDOT3の進捗管理がどのように行われるかについての解説です。

https://xmldo.jp/Image/products/wps/2020/blog/wps_list_2.png

https://xmldo.jp/cms/topics/blog/5e18805b0cf2de7b614ea843

印刷物やWEBを作るときに、編集担当となる人が、各所に原稿を依頼し、

集まった原稿をまとめて制作に指示、出来上がったPDFで校正を依頼します。

※WEBの場合は、WEBページなど。

絵に表すと、簡単なように見えるのですが、

  • なかなか情報が集まらない
  • 何がどうなってるかの把握が大変
  • 制作依頼→仕上がり確認→校正→制作依頼…このループの中で様々な発生する問題への対応

と、色々な面倒なことがここにパックされていますが、

人間系でこなすものとして、ここはあまり表に出てこないですが、非常に効率の悪いところです。

ここでいう効率の悪さは、「ミス」「無駄な時間」を発生させています。

 

この流れが、WPS.3でどう変わるかというと、以下のようなイメージになります。

各所は、WPS.3に情報を入れて、その場で印刷仕上がり、WEB仕上がりを確認することが出来ます。

今まで、編集を担当していた人は、準備をすればあとは、「✓」が付いていくのを待っていればいいだけです。

 

ちなみに、ページ立てで、各ページに配置しておけば、ブックビューワーで本全体の進捗を確認することも出来ます。

どのページがどれだけ埋まっているか、校了になっているか、を確認することが出来ます。

 

  • ページ立ての解説へ

◀ 前のブログへ | 次のブログへ ▶

一覧へ…